くすの木

学校のシンボルのくすの木です。学校設立当時の明治17年から、子ども達の成長を見守っています。

雪のくすの木

平成28年1月25日大雪のくすの木

平成28年1月25日、小郡市も大雪に見舞われました。学校が二日間も休校になるほどでした。運動場も30cmほどの雪に埋まりました。

学校の花壇・畑

ボランティアの方々の協力をいただき、春はポピーが咲き四季を伝えるとともに、秋はさつまいもを収穫し学習の喜びを感じさせてくれます。

運動場

昼休みの運動場

くすの木の横の運動場は、子ども達の体育の学習の場や遊び場であり、学童の子達の遊び場です。昼休みには、先生たちも一緒になってクラス遊びなどを楽しんでいます。

日本池

日本の地形をかたどった池では、錦鯉やフナ、メダカがたくさん育っています。みんなで大切に育てています。

日本池の生き物

日本池の鯉たち

日本池には、もう何年も住んでいる黒いフナや色とりどりの錦鯉、あめんぼやメダカが住んでいます。錦鯉は平成27年8月に大原小から引っ越してきまっした。病気が流行してだいぶ数が減りましたが、環境の変化にも慣れて元気にえさを食べている魚もいます。